カテゴリー「音楽」の30件の記事

2016年7月 4日 (月)

恋姫(歌 オルリコ)、最近よく耳にする、NHK「ユアソング」4月~5月、とは(2016.7.4)

恋姫(歌 オルリコ)、最近よく耳にする、NHK「ユアソング」4月~5月
 
 最近よく耳にする、NHK「ユアソング」4月~5月に、何とも言えない歌声で、いつも心に残る歌手、オルリコ(中国)の歌、「恋姫」(作詞 荒木とよひさ、 作曲 田尾将実)があります。 オルリコは、本名 ボ・オルリコ(包・鳥日麗格)、中国の内モンゴル出身の歌姫で、狼の声を模したとも言われる、情感溢れる、その独特の歌唱法は各方面で注目されています。また、その歌声は遥か大草原に吹く大らかさと真実の響きとも称されています。
 
〇 恋姫(歌 オルリコ、試聴): 

恋姫 

歌手:オルリコ 
作詞:荒木とよひさ
作曲:田尾将実

夢見しあの頃は 恋に恋してた
想い出が増えてくそれが 人生だと知らずに
哀しい終わりでも 輝いたわたし
心の思うままに 生きてきたの今日まで
1ダースの恋よりも あなただけは重たい
逢えなくて 泣きぬれて 迷子になりそうな時も
I MISS YOU 忘れはしない--ーわたしは恋姫


若さは自由だと みんな言うけれど
切なさや淋しさそれが 人生だと気づけば
めぐり逢い別れても 優しさを残し
愛よりも深いものが 胸の奥で生まれる
1グラムの星よりも あなただけは永遠
遠くても好きだから 朝日が見えない時も
I MISS YOU 忘れはしない---わたしは恋姫 

(参考資料)

〇 恋姫(歌 オルリコ): NHK ユアソング 4月・5月楽曲紹介: http://www.nhk-book-music.jp/r1/nhk45.html

〇 オルリコ(オフィシャルサイト): http://www.kingrecords.co.jp/orulico/

 

 

 

2016年6月28日 (火)

懐かしい心に残るテーマソング、NHK ドキュメンタリー「プロジェクトX~挑戦者たち」、ヘッドライト・テールライト(旅はまだ終わらない!)、NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」、Stand Alone(凛として立つ!) (2016.6.28)

懐かしい心に残るテーマソング

 

〇 ヘッドライト・テールライト(旅はまだ終わらない!)

 

 この曲は、2000年(平成12年)3月28日~2005年(平成17年)12月28日まで、5年間にわたりNHKで放送された、主として戦後から高度経済成長期まで、産業や文化など、様々な分野の難題をいかに克服し成功したかを紹介した、NHK ドキュメンタリー「プロジェクトX~挑戦者たち」のテーマソングで、オープニングは、地上の星、エンディングは、ヘッドライト・テールライト、作詞作曲は中島みゆきの作品です。

 

 このシリーズでは、2000年11月7日、14日に放送された、ドイツ生まれで、世界ではじめて実用化した、マツダのロータリーエンジンが強く印象に残っています。というのは、40年ほど前、それを搭載したサバンナの中古車を購入し、5年ほどあちこち乗り回しました。乗り心地は最高でしたが、燃費とか排ガス規制の問題もあり、その後は3回ほど新型のファミリアに乗り換え、現在に至っています。

 私の普通車免許は、日本でも通用する、アリゾナ大学に留学中、ツーソン(アリゾナ州、U.S..A.)で取得したものです。そこで、オートマティック車として、サバンナ・4ドアセダン1300cc(ロータリー)の中古車と巡り合い、購入しました!

 

中島みゆき NHK ドキュメンタリー「プロジェクトX~挑戦者たち」テーマソング、YouTube((中島みゆき公式チャンネル): https://youtu.be/kQdBn65S8CI (エンディング、ヘッドライト・テールライト);  https://www.youtube.com/watch?v=v2SlpjCz7uE&list=RDv2SlpjCz7uE#t=15(オープニング、地上の星)

 

ヘッドライト・テールライト(旅はまだ終わらない!)

 

1.語り継ぐ人もなく

 

吹きすさぶ風の中へ

 

紛れ散らばる星の名は

 

忘れられても

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

 

 

2.足跡は降る雨と

 

降る時の中へ消えて

 

称える歌は

 

英雄のために過ぎても

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

 

 

3.行く先を照らすのは

 

まだ咲かぬ見果てぬ夢

 

遥か後ろを照らすのは

 

あどけない夢

 

 

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

 

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらな

 

 

 

〇 Stand Alone

 

 この曲は、2009年(平成11年)11月29日~2011年(平成13年)12月25日まで、3年間にわたりNHKで放送された、日露海戦にまつわるテレビドラマ、司馬遼太郎原作、「坂の上の雲」のテーマソングで、作詞は小山薫堂、作曲は久石譲の作品です。 

 

 このシリーズでは、特に日露戦争の日本海戦が思い浮かびます。というのは、私の実家(德島)の祖先、本浄源藏(5代目)の倅(せがれ)、浪太郎は、1904年(明治37年)9月3日に日露戦争(渤海湾近く?)で亡くなっています、享年22才。自宅の床の間には、勲章をつけ羽織袴の肖像画がかけられていました。また、本浄家の墓地では、浪太郎さんのお墓は、本浄家の先祖のお墓の中でも特別大きなお墓であったので、子供の頃から強く印象に残っています。

森麻季 NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」、YouTube(LiMH): http://www.youtube.com/watch?v=dCsx0IiIKi4

https://www.youtube.com/watch?v=0WvziGjXsPI

http://www.worldfolksong.com/popular/stand-alone.html

Stand Alone(凛として立つ!)

 

1.ちいさな光が 歩んだ道を照らす

 

希望のつぼみが 遠くを見つめていた

 

迷い悩むほど 人は強さを掴むから 

 

夢をみる 凛として旅立つ 一朶の雲を目指し

 

 

 

2.あなたと歩んだ あの日の道を探す

 

ひとりの祈りが 心をつないでゆく

 

空に手を広げ ふりそそぐ光あつめて 

 

友に届けと放てば 夢叶う

 

はてなき想いを 明日の風に乗せて

 

 

 

3.わたしは信じる 新たな時がめぐる

 

凛として旅立つ 一朶の雲を目指し

 

(参考資料)

 

〇 プロジェクトX~挑戦者たち、(ウィキペディア): https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88X%E3%80%9C%E6%8C%91%E6%88%A6%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%80%9C

 

〇 坂の上の雲(テレビドラマ)、(ウィキペディア): 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E9%9B%B2_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

 

(Link)

 

〇 懐かしい涙をさそう世界の歌、サイレントナイト、ラノビア、ドレミの歌、アルゼンチンよ泣かないで、小さな世界、凛として立つ、ケサラ、とは(2013.10.25): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-2d47.html

 

〇 阿波和三盆糖の里(徳島)の歴史伝承、熊野神社、丸山古墳、サトウキビと糖源公園(丸山徳弥彰徳碑、生田花世歌碑)、引野天神跡、共同墓地、本浄姓のルーツ、松島神社、土地制度、名字(苗字)、新制学校校歌、生田花世と瀬戸内寂聴、松岡康毅、中川虎之助(代議士)、砂糖の歴史、葬儀のしきたり、ふるさとの家、新制教育制度(2009.8.31):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c3cf.html

 

 

2016年5月31日 (火)

懐かしいバラのヒット曲、バラが咲いた(バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが)、五月のバラ(五月 この僕が帰るまばゆい五月 )、とは(2016.5,31)

 懐かしいバラのヒット曲には、バラが咲いた(1966年)、五月のバラ(1970年)が思い浮かびます。その作品の由来、エピソードなどをGoogle検索し、当時の人気歌手の歌をYouTubeで視聴したところ、今でも何か心に響くものが感じられました。

〇 1966年(昭和41年) バラが咲いた 作詞.・作曲 浜口康之助

 この歌は、マイク眞木(1944~)が歌ったフォークソングで、1966年にシングル盤レコードが、フィリップス・レコードから発売されました。

 この作品は、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ、1900~1944). フランスの作家、操縦士)の童話「星の王子さまのバラ(薔薇)をテーマにした一節動機となって、浜口康之助(1917~1990)が創作したと言われています。童話の王子は作者、バラは妻のコンスエロで、二人が交わした数多くの手紙、電報にもとずく感動的な愛の物語だという。

マイク眞木(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=hNHlyGgcpdM 

バラが咲いた

バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが
淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
バラよ バラよ 小さなバラ
いつまでも そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
 

バラが散った バラが散った いつの間にか
ぼくの庭は 前のように 淋しくなった
ぼくの庭の バラは散って しまったけれど
淋しかった ぼくの心に バラが咲いた
バラよ バラよ 心のバラ
いつまでも ここで咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に
いつまでも 散らない 真赤なバラが
いつまでも 散らない 真赤なバラが

○ 1970年(昭和46年) 五月のバラ 作詞 なかしき礼、作曲・編曲 川口真

 この歌は、津川晃フランツフリーデル本名相場フランツ、1943~)が最初に歌ったもので、1970年4月、再デビュー2枚目のシングルとしてエキスプレスより発売されました。

 この作品は、作詞 なかにし礼(1938~)、作曲・編曲 川口真(1937~ )、はじめは「思い出のバラ(Omoide no Bara)」(失恋!)としてシングルリリースされ、1973年、尾崎紀世彦(1943~2012)のアルバムに「五月のバラ」として収録され、一般に楽曲として知られるようになりました。

尾崎紀世彦(YouTube): https://youtu.be/Fa2WK8yYs9Y ; http://www.uta-net.com/movie/152112/    

伊東ゆかり、塚田三喜夫(YouTube):https://youtu.be/PwX5fy_VaMU  

五月のバラ

五月 この僕が帰るまばゆい五月
赤いバラは 想い出のバラは
君の庭に 咲くだろうか
水を花びらにあげて 涙の水を
恋のバラに 悲しみのバラに
君の白い ほほよせて
 

※忘れないで 忘れないで
時は流れすぎても
むせび泣いて むせび泣いて
別れる君と 僕のために※
 

五月 花ひらきめぐる二人の五月
赤いバラを 美しいバラを
僕のもとに とどけておくれ
花にくちびるをよせて 二人の花に
恋の夢を 消え去らぬ夢を
追い求める 一人泣いて

(※くり返し)  

忘れないで 忘れないで
時は流れすぎても
むせび泣いて むせび泣いて
別れる君と 僕のために

(Link)

○ バラが咲いた

マイク眞木(YouTube): http://www.youtube.com/watch?=hNHlyGgcpdM 

○ 五月のバラ

尾崎紀世彦(YouTube): https://youtu.be/Fa2WK8yYs9Y ; http://www.uta-net.com/movie/152112/    

伊東ゆかり、塚田三喜夫(YouTube):https://youtu.be/PwX5fy_VaMU  

(追加説明)

 バラ(薔薇、バラ科)は、耐寒性落葉低木で、原産地は北半球の熱帯から亜熱帯に約120種自生している。これらの野生種を交配、改良した数多くの園芸品種も生み出され、現在、原種を含め19000種以上とも言われている。

 バラの花の色は、基準色の赤、ピンクのほか橙、黄、白と多彩です。花言葉は、白は相思相愛、黄は恋の終わりとのことです。

2016年3月22日 (火)

懐かしい春を感じる歌曲、どこかで春が(唱歌)、どこかで春が 生まれてる、春の声(演奏、ワルツ)、ヨハン・シュトラウス2世作曲、とは(2016.3.22)

懐かしい春を感じる歌曲 

〇 どこかで春が 

 この曲は、作詞 百田宗治、作曲 草川信による日本の唱歌で、1923年(大正12年)に歌詞が発表されました。厳しい冬も峠を越え、あちこちで生まれ始める春の息吹が感じられる早春の歌となっています。 

   

〇 オカリナ 宗次郎 / どこかで春が (Olive Music TateshimaYouTube):https://www.youtube.com/watch?v=baN5-fUkdP0 

どこかで春が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す
 

どこかで雲雀(ひばり)が 鳴いている
どこかで芽の出る 音がする
 

山の三月 そよ風吹いて
どこかで春が 生まれてる
 

〇 春の声 

 この曲は、ヨハン・シュトラウス2世による1882年(明治15年)の作品です。親友フランツ・リスト(当時71歳)と即興演奏パーティで同席した際、余興で作曲とされています。

1987年(昭和62年)のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、アメリカ出身のソプラノ歌手キャスリーン・バトル(Kathleen Battle/1948-)の歌声に乗せてこの曲が披露されました。

 〇 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《春の声》 (Classica MusicE,YouTube):https://youtu.be/9L11ddOcpFI?list=RD9L11ddOcpFI  ; 2016 OPK New Year " Fruhlingsstimmen" Walzer,ワルツ、春の声(Operaparkensemble, YouTube): https://youtu.be/qTH5ch7QJi8

(参考資料) 

 〇 どこかで春が(春の童謡・唱歌・日本のうた、世界の民謡・童謡):http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/spring.htm 

 〇 春の声(ヨハン・シュトラウス2世(Johann Straus II/1825-1899)、世界の民謡・童謡): http://www.worldfolksong.com/classical/johann-strauss/voices-of-spring.html

(Link)
 ① Yahoo! (本浄) :http://blogs.yahoo.co.jp/FRONT/mypage.html
 ② Facebook(本浄):https://www.facebook.com/honjo1003
 ③ ココログ(本浄):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/

 

2016年3月 9日 (水)

心に響く懐かしい歌、Smile Again 、 映画「ブタがいた教室」劇中歌、命の長さは、誰が決めるの ? (2016.3.9)

 映画「ブタがいた教室」は、うたい文句は、命の長さは、誰が決めるの ? 黒田恭史著、豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日、ミネルヴァ書房(2003年)が原作で、2008年11月1日公開されました。 

 新任教師、星は4月、担任6年2組の子供たちに「先生はこのブタを育てて、最後には皆で食べようと思います」と提案し、クラスは騒然となります。 

 子供たちは、ブタにPちゃんと名付け、校庭に小屋をつくり、交代しながら、えさをやり、糞尿まで始末し、戸惑いながらもPちゃんの世話をしました。やがて、子供たちは、Pちゃんに、家畜としてではなく、ペットとしての愛着を、抱くようになっていきました。 

 卒業の時が迫り、星は、Pちゃんをどうするか、皆で話し合って決めて欲しいと提案します。が、クラスの意見は「食べる」「食べない」に二分されてしまう! 

 この映画には、主題歌と劇中歌があり、劇中歌、中山真理 作詞作曲、Smile Again の歌には、子供たちが、お互いに励まし合い、自分だけでなく、人を思う優しさ、誰かを温かく見守る子供に成長していく姿が歌われています。                              

映画「ブタがいた教室」劇中歌  Smile Again 作詞作曲、中山真理  楽譜 2007年(平成19年)7月1日

自分がとてつもなく
ちっぽけにみえることがあるよね
自分だけが悪者みたいに
思えるときがあるよね
もう二度と 心から
笑えなくなるんじゃないかと
こわくなるくらい かなしくなることがあるよね
 

明日になって
空が晴れたら
自分を好きになって また歩きはじめようよ
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから
 

やさしい言葉なんて
役にたたないことがあるよね
自分だけでたたかわなくちゃ
いけないときがあるよね
つらいこと のりこえて
いつか見えてくるものがあるよ
そしたらあなたは今より きっとすてきになってる
 

明日になって
空が晴れたら
自分を好きになって また歩きはじめようよ
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから

(参考資料)

〇  Smile Again(作詞作曲、中山真理、YouTube、yajikin7):  https://www.youtube.com/watch?v=NHE4ZqA4y-8

〇 ニコニコ動画(中山真理、GINZA): 
http://www.nicovideo.jp/tag/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E7%90%86

〇 映画、ブタがいた教室(YouTube): https://www.youtube.com/watch?v=C9BKVBBpQ74

 

 

2016年2月13日 (土)

懐かしい早春、青春の癒しの歌  早春賦、萌春は名のみの 風の寒さや、萌ゆる想い、ゆるやかな坂道を のぼりつめたこの広場で、とは(2016.2.13)

懐かしい早春、青春の癒しの歌  

〇 早春賦 

 この曲は、作詞 吉丸一昌、作曲 中田章。作詞当時、吉丸一昌は、尋常小学校唱歌の編纂委員で、大正の初期、安曇野(長野県)を訪れ、穂高町あたり(大町とも)の雪解け風景に感銘を受け、早春賦の詩を書き上げたという。  なお、歌詞の「春は名のみの」とは、立春を過ぎて暦の上での「春」になったことを指しています。

早春賦の歌碑(安曇野市、長野県):
http://www.i-turn.jp/soushunfu-kahi-park-azumino-hotaka.html

早春賦の歌碑(大町市、長野県):
http://www.city.omachi.nagano.jp/00001000/00001100/00001110/00001143.html

早春賦~安曇野~ YouTube(haiji ch、演奏)

童謡・唱歌、YouTube (うた: 倍賞千恵子): https://youtu.be/A5ndbR6otcU

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず
 

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空
 

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃
 

この「早春賦」はモーツァルト作曲「春への憧れ(K596)」と非常に曲想が似通っているという。 

〇 萌ゆる想い 

 この曲は、歌手 さとう宗幸 作詞作曲、1981年(昭和56年)4月~1982年(昭和57年)3月、1年間、TBSテレビドラマ、学園ドラマ、2年B組仙八先生、主演 さとう宗幸、主題歌です。 

 南風が吹く季節の頃、懐かしい青春の甘酸っぱい恋を、優しい歌声で爽やかに歌い上げ、歌詞が一体になって癒されます。

>

萌ゆる想い YouTube (k.hidebon、 うた: さとう宗幸)

ゆるやかな坂道を
のぼりつめたこの広場で
人の波にもまれながら
はじめて君を識った
ふりかえれば長い道程
二人が出会う日まで
だから今は陽光の中
君のために生きている

眠れぬままに時はすぎ
さまよい歩く夜の径                                             


南から吹いてくる
季節の風とすれちがう
ふたつの星が寄り添う
夜空を見上げていたら
君が倖せであればいいと
知らずに涙こぼれてた

夢みたものが知らぬまに
淡く消えることがある
いつの日か別れが来ても
君を忘れずにいよう                                            


狂おしい空の青さよ
両手を拡げていたら
祈る心はふるえながら
君住む街へ駆けてゆく

 (参考資料) 

〇 世界の民謡・童謡、早春賦(そうしゅんふ): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/soushun.htm 

 桜中学シリーズ放送年表(金八・新八・仙八・貫八・昭和54年~平成20年):http://members3.jcom.home.ne.jp/kawa-izumi_1922/kinpachi-sacura.htm

 

2016年1月23日 (土)

懐かしいパーソナル・ソング、認知症に有効! 音楽が脳の広い領域に働きかけ、奇跡を起こす!、癒しの歌、愛の挨拶~夜空に星を散りばめて、とは(2016.1.23)

  もし、お気の毒にも、親が認知症になってしまったとする。その時、親が若かりし頃の曲を探して、親に聴いてもらえないでしょうか! 

 親のお気に入りの一曲、効果がなかったとしても、その作業は親との会話であり、親の青春を知ることでもあります!(北陸中日新聞、中日春秋、2016.1.17より) ここに奇跡を起こした映画があります!

 米ドキュメンタリー映画、パーソナル・ソング

 近年、医学的にも効果が高いと、認められ始めてきた、認知症・アルツハイマー患者への音楽療法です!

パーソナル・ソング、予告編(YouTube)、2014.11.4  (moviecollectionjp)

(解説) ここでは、無気力でふさぎ込み、娘のことさえ忘れていたお年寄りたちが音楽を聴き、表情が一変する。一部の記憶を取り戻す。人格が蘇(よみがえ)る。踊りだす人もいる。魔術を見ているようである。 

 無論、完治するわけではないが、音楽が脳の広い領域に働きかけ、奇跡を起こすようである。音楽なら何でもではなく、その方が愛した時代の「お気に入り」の曲というのがポイントのようだ。

 親のアイドルの一曲を探してみて、効果がなかったとしても、その作業は親との会話であり、親の青春を知ることでもある。(北陸中日新聞、中日春秋、2016.1.17より)

〇 心が癒される歌 

〇 エルガー、愛のあいさつ(ピアノ版): YouTube(ClassicalMusicE): https://youtu.be/ayb6mC5FoDU

愛の挨拶、エドワード・エルガー(Edward Elgar/1857-1934)作曲、( 世界の民謡、童謡):http://www.worldfolksong.com/classical/elgar/love-greeting.html

作詞: 太志(Aqua Timez)、作曲: エドワード・エルガー

Every night I look at the sky
あなただけに歌うよ
Every night I look at the stars and wish
いつまでも

完璧ではないからこそ
補い合えるパズルのように
完成する一枚の絵が
健やかな日常であるように

三日月を真ん中に 夜空に星を散りばめ
言葉をなくす二人の影は今重なり
手に入れてきたものも 失ってきたものも
違う僕たちだけど 未来ならここに

「ひとりの日も、独りじゃない」
その言葉の 意味がわかったんだ

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com Mojim 歌詞

水鳥と水面の 穏やかなやりとりに
命が持つ壮大な 静けさを教わる
孤独を知らず人を 愛すことはできない
賑わいの外側でも 強く歩きたい

目を合わせなくたって
ガラスを触れば人と
繋がれる時代だから
見つめあって

三日月を真ん中に 夜空に星を散りばめ
言葉をなくす二人の影は今重なる
流してきた涙も 描いてきた明日も
違う僕たちだけど 輝く場所へ

この花園であなたへ歌うよ you're my love

(Link

〇 懐かしい癒しの名曲、イージーリスニング(軽音楽)、渚のアデリ-ヌ、アルゼンチンよ泣かないで、愛しのクリスティーヌ、蒼いノクターン、涙のトッカータ、涙のカノン、河は呼んでる、とは(2013.9.5): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-ecf0.html

〇 Yahoo!ブログ(本浄):  http://blogs.yahoo.co.jp/honjo202

〇 Facebook(本浄): https://www.facebook.com/honjo1003
 

 

 

2014年11月17日 (月)

NHK連続テレビ小説 マッサン(竹鶴政孝、ニッカウイスキーの創業者)とリタ(スコットランド人)夫妻、 お二人を結びつけた歌、蛍の光(スコットランド民謡、楽しかった昔)、マッサン主題歌、麦の唄(中島みゆき)、とは(2014.11.17)

 

 最近、NHK連続テレビ小説マッサン(日本のウイスキーの父、竹鶴政孝、ニッカウイスキーの創業者)とスコットランド人、ジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)夫妻の物語が人気番組となっています。

 竹鶴政孝(たけつるまさたか、ニッカウイスキーの創業者)は、ウイスキーづくりを学ぶため、1918年(大正7年)、日英同盟下のスコットランドに単身で渡り、グラスゴー大学で醸造学を学びました。

 スコットランドウィスキーは、大麦のデンプンを麦芽糖化し、その液を酵母アルコール発酵させ、単式蒸留器で2回蒸留し、オーク樽(たる)で最低3年間は貯蔵し、熟成したものです。その工程中、麦芽乾燥させるのにピート(泥炭)を用いるので、独特の燻臭(くんしゅう)がつきます。 

 1919年の夏、グラスゴー北東の小さな町、カーテンテイロフ、に住むスコットランド人一家、カウン家を、この家の末弟に柔術を教えるために訪れました。そこで出会ったのが、教え子の姉にあたるジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)でした。

 あるとき、リタが、スコットランド民謡で、歌詞がロバート・バーンズのオールド・ラング・サインの歌日本では蛍の光の曲を、(つづみ)を持っている政孝に、自分のピアノ合奏しないかと誘い、これがきっかけに2人は親しくなりました。

 蛍の光は、もとスコットランド民謡で、スコットランドの愛国詩人、ロバート・バーンズ(1759~1796)作詞楽しかった昔Auld Lang Syne)という歌です。 その歌詞、古い友人同士が懐かしい想い出をしのび、変わらぬ付き合いを喜び、長い付き合いを祈って杯をかわそう、といった内容です。 日本別れの歌卒業の歌)として定着するのは、明治半ば以降でした。

 1920年1月、2人は周囲の反対を押し切り、グラスゴーで結婚の宣誓をし、同11月、夫婦として横浜に着きました。日本に戻った政孝はウイスキー一筋、リタは生涯寄り添いました。

 ドラマの主題歌麦の唄は、お二人の人生、夫婦愛を、「なつかしい人々 なつかし風景 その総てと離れても あなたと歩きたい 嵐吹く大地も 嵐吹く時代も 陽射しを見上げるように あなたを見つめたい 麦に翼はなくても 歌に翼があるなら 伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと 麦は泣き、麦は咲き 明日(あした)へ育っていく」、と壮大な前向きの人生として、中島みゆきさわやかに、力強く、歌い上げています。 

https://www.facebook.com/honjo1003

○ 朝ドラ マッサン(日本のウイスキーの父竹鶴政孝、ニッカウイスキーの創業者)

1

竹鶴政孝(たけつるまさたか、1894~1979、ニッカウイスキーの創業者)、 ジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)夫妻Google 画像

(解説) 日本のウイスキーの父といわれる、竹鶴政孝(たけつるまさたか、1894~1979、ニッカウイスキーの創業者)は、ウイスキーづくりを学ぶため、1918年(大正7年)、日英同盟下のスコットランドに単身で渡り、グラスゴー大学で醸造学を学びました。

 1919年の夏、グラスゴー北東の小さな町、カーテンテイロフ、に住むスコットランド人一家、カウン家を、この家の末弟に柔術を教えるために訪れました。そこで出会ったのが、教え子の姉にあたるジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)でした。

 あるとき、リタが、スコットランド民謡で、歌詞がロバート・バーンズのオールド・ラング・サインの歌日本では蛍の光の曲を、鼓を持っている政孝に、自分のピアノと合奏しないかと誘い、これをきっかけに2人は親しくなりました。

 1920年1月、2人は周囲の反対を押し切り、グラスゴーで結婚の宣誓をし、同11月、夫婦として横浜に着きました。日本に戻った政孝はウイスキー一筋、リタは生涯寄り添いました。

 2人には子供がいなかったので、甥(旧姓宮野)から養子を迎えました。その人こそ、ニッカウイスキー相談役の竹鶴威(たけつるたけし、1924~ )さんです。現在、リタさんの生まれ故郷の町、カーキンテレッホ(カーテンテイロフの呼び名)には何もないよ。もうリタさんの屋敷の跡形もない、とのことです。

 竹鶴威(たけつるたけし、1924~ 、元ニッカーウイスキー社長 )さんは、2014年12月17日、老衰で死去されました。享年90歳。広島県出身。北大卒業後、ニッカウィスキー入社。政孝氏に続き、ウイスキーの味を決める「マスターブレンダー」に就任。2番目の工場、宮城峡蒸溜所(仙台市)を建設しました。海外でも人気のウイスキーを発売し、海外展開の礎を築きました。ご冥福をお祈りいたします。(2014年12月25日、北陸中日新聞朝刊より)

(参考文献) 朝日新聞(be on Saturday、Song): 世界の人が聞き覚えた スコットランド民謡「蛍の光」、2009年(平成21年)12月26日(土)、朝日新聞、朝刊より); 下中邦彦編: 小百科事典、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991).

(参考資料) 〇 マッサンとリタの物語(80周年記念、NIKKA WHISKY): http://www.nikka.com/world/sticking/taketsuru/history/index.html.

〇 竹鶴政孝(たけつるまさたか、1894~1979、ウィキペディア) :http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E9%B6%B4%E6%94%BF%E5%AD%9D

○ スコットランド民謡(世界の民謡・童謡、蛍の光含む、Worldfolksong. com):  http://www.worldfolksong.com/songbook/others/scot_index.html.

〇 麦の唄(NHK連続テレビ小説、マッサン主題歌中島みゆき、YouTube): https://www.youtube.com/watch?v=cjJfJg1u_Vo

〇 麦の唄歌詞中島みゆきうたまっぷ.com): http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-141029-198

○ 卒業の歌(日本、欧米の曲に日本語の歌詞をつけた唱歌)の原曲、蛍の光(スコットランド民謡、楽しかった昔)、仰げば尊し(米国、卒業の歌)、旅立ちの日に、さくら、翼をください、とは(2011.10.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-1506.html

(追加説明) 〇  スコッチとは、スコッチウイスキーの略で、本来はスコットランド北部のハイランズ地方産のモルトウィスキーのことで、大麦麦芽のみを原料とし、麦芽糖化液を発酵させ、単式蒸留器で2回蒸留して長年貯蔵したものです。その工程中、麦芽を乾燥させるのにピート(泥炭)を用いるので、独特の燻臭(くんしゅう)がつきます。

  モルトウィスキーは大麦麦芽のみを原料としたもので、単式蒸留器で2回蒸留します。その工程中、麦芽を乾燥させるのにピート(泥炭)を用いるので、独特の燻臭(くんしゅう)がつきます。

 が、現在、世界に出回っているスコッチは、このモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンド(調合)しカシだる中で熟成したもので、英国のウィスキーの意で、また、日本のウィスキーは、本格ウィスキーにアルコール類を混じた、コンパウンドウィスキーが多い。

 グレーンウィスキーの原料は大麦麦芽に、ライ麦、大麦、トウモロコシなどを加えたもので、連続式蒸留器で蒸留する。モルトに比してアルコール分高く、熟成も短くてすむが香味に乏しい。

 ということで、一般に、ウィスキーは、大麦・ライ麦・トウモロコシなどを麦芽で糖化し、酵母を加えて発酵させ、蒸留した酒。樫樽(カシだる)や楢樽(ナラだる)に、数年以上貯蔵して熟成する。 

 麦芽は、大麦を発芽させたもので、多量のアミラーゼを含み、ビール・水飴の製造に用います。 アミラーゼは酵素の一つで、澱粉を液化・糖化してグルコースを生じます。麦芽中のものは、ジアスターゼの名で市販されています。

 麦芽糖は、麦芽を澱粉に作用させて生ずる二糖類の一つ、白色針状の結晶で、水に溶けやすく、希硫酸と煮れば、加水分解して葡萄糖となります。

 酵母(こうぼ、イーストとも)は、アルコール発酵を営む菌類の一群で、円形もしくは楕円形の微細な単細胞であり、出芽で繁殖するもの総称で、子嚢菌類のサッカロミセスが主体です。酒の醸造やパン製造に欠かせない。 

 酒税法では、特級は原酒(本格ウィスキー)20%以上、アルコール分43%以上。1級は原酒10~20%以上、アルコール分40~43%。2級は原酒10%未満、アルコール分40%以下をいう。

(追加音楽) ○ 泣いてもいいんだよ (作詞、作曲、唄、中島みゆき、YouTube):http://www.uta-net.com/movie/172791/

 

2014年5月12日 (月)

夏の歌(唱歌、童謡)、夏は来ぬ(唱歌)、(卯の花匂う垣根に、---)、ほたるこい(童謡)、(ほう ほう ほたる こい、ーーー)、とは(2014.5.12)

唱歌

 唱歌(しょうか)は、明治初期から第2次大戦終了時まで、主として学校教育用につくられた、文部省唱歌のことです。

○ 夏は来ぬ 

YouTube(日本の童謡・唱歌): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/natsuhakinu.htmhttps://www.youtube.com/watch?v=TUuwr-bQpkA

Unohana1_2

ウノハナ(卯の花、ユキノシタ科、ウツギ、空木、とも、Google画像) 陰暦4月、卯月に咲くのでウノハナといい、初夏、小枝の先に純白の花が房状に咲きます。

   夏は来ぬ 

1. 卯(う)の花 匂(にお)う垣根に
  時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
  忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ


2. 五月雨(さみだれ)の そそぐ山田に
  早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして
  玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ


3. 橘(たちばなの) 薫る軒(のきば)の
  窓近く 蛍とびかい
  おこたり諫(いさ)むる 夏は来ぬ


4. 楝(あうち)散る 川辺の宿の
  門(かど)遠く 水鶏(くいな)声して
  夕月涼(すず)しき 夏は来ぬ


5. 五月闇(さつきやみ) 蛍とびかい
  水鶏(くいな)鳴き 卯の花咲きて
  早苗植えわたす 夏は来ぬ

(解説) この曲は、1896年(明治29年)5月、新編教育唱歌集第五集)として発表されました。作詞佐佐木信綱(1872~1963)、作曲小山作之助(1864~1927)です。

童謡

 童謡(どうよう)は、大正中期から昭和初期まで、北原白秋(1885~1942、詩人・歌人・童謡作家)らが、文部省唱歌を批判して普及させた、子どもの歌です。 

〇 ほたるこい

YouTube(日本の童謡・唱歌): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/hotaru.htmhttps://www.youtube.com/watch?v=s7vnkKF8LbU.

Hotaru0041

ホタル(蛍、ホタル科、Google画像)、日本では、ゲンジボタル(源氏蛍、本州、九州、対馬に分布)やヘイケボタル(平家蛍、ゲンジボタルより小さく、日本全土に分布)がよく知られています。

 ほたるこい

 ほう ほう ほたる こい

 あっちのみずは にがいぞ

 こっちのみずは あまいぞ

 ほう ほう ほたる こい

(解説) 日本の昔から子供たちに歌われて来たわらべ歌(伝承童謡とも)で、作詞者、作曲者不明です。 ほたるこい(秋田地方のわらべ歌);http://homepage1.nifty.com/mrjsroom/midi/words/hotaru.htm

(参考資料) 〇 夏の歌(日本の童謡、唱歌): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/summer.htm

○ うたごえ喫茶(のび): http://www.utagoekissa.com/

2014年4月17日 (木)

春の歌(童謡、唱歌)、チュウリップ(童謡)(さいた さいた チューリップの花が、--)、春が来た(唱歌)(春が来た 春が来た どこに来た、--)、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.17)

童謡

 童謡(どうよう)は、大正中期から昭和初期まで、北原白秋(1885~1942、詩人・歌人・童謡作家)らが、文部省唱歌を批判して普及させた、子どもの歌です。 

○ チュウリップ 

F1001024  

チュウリップ (犀川近く、歩道沿い、桜田、金沢、2014年4月17日) チュウリップは、ユリ科、中央アジア、北アフリカ原産。

YouTube(日本の童謡・唱歌: http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/tulip.htm

1.さいた さいた    チューリップの花が
ならんだ ならんだ  あか しろ きいろ
どの花見ても      きれいだな

2.ゆれる ゆれる   チューリップの花が
風に ゆれて      にこにこ 笑う
どの花見ても      かわいいな

3.風に ゆれる    チューリップの花に
とぶよ とぶよ     ちょうちょが とぶよ
ちょうちょと花と    遊んでる

(解説) この曲は、1932年(昭和7年)、絵本唱歌 夏の巻(日本教育音楽協会編)として発表されました。作詞近藤宮子(1907~1999)、作曲井上武士(1894~1974)です。

唱歌

 唱歌(しょうか)は、明治初期から第2次大戦終了時まで、主として学校教育用につくられた、文部省唱歌のことです。

○ 春が来た 

J02226461

春が来た (桜の花) サクラ(桜)は、バラ科、日本原産。

YouTube(日本の童謡・唱歌): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/harugakita.htm

1.春が来た 春が来た どこに来た   山に来た 里に来た 野にも来た

2.花がさく 花がさく どこにさく     山にさく 里にさく 野にもさく

3.鳥がなく 鳥がなく どこでなく     山でなく 里でなく 野でもなく

(解説) この曲は、1910年(明治43年)年、尋常小学読本唱歌として発表されました。春が来た、花が咲く、鳥が鳴くなど、単純な歌詞を繰り返して、春の到来の喜びを素直に表現された名曲です。作詞は、岡野貞一(1878~1941)、作曲は、高野辰之(1876~1947)です。

(参考資料) ○ 春の童謡・唱歌・日本のうた(解説と試聴、世界の民謡・童謡): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/spring.htm

○ 春一番(キャンディーズのヒット曲): この楽曲は、1976年(昭和51年)3月1日、作詞・作曲 穂口雄右(1948~ )、 唄 キャンディーズとして、CBSソニーから発売された作品です。 YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=KJYPpSLIdoA

春一番

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
風が吹いて暖かさを 運んできました
どこかの子が隣の子を 迎えにきました
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
泣いてばかりいたって 幸せはこないから
重いコートぬいで でかけませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.日た゜まりには雀たちが 楽しそうです
雪をはねて猫柳が 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
おしゃれをして男の子が 出かけて行きます
水をけってカエルの子が 泳いで行きます
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

● Science Topology ( サイエンス、歴史散歩、金沢、石川) ● いしかわ(名水、湧水、金城霊沢、上の清水、白山霊水、弘法池の水、杉森地蔵水、神子清水、柳原の湧水、金沢の水、末浄水場、弘法の水、満濃池) ● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園) ● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県) ● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県) ● かなざわ(石川県庁、金沢駅、加賀藩、北陸の交通路、赤門、天下の書府、北前船、河北潟、金沢港、大野お台場、野田山、大乗寺丘陵公園) ● かなざわ(金沢城、兼六園、野田山、加賀藩主前田家墓所) ● のと、かが(四季折々、能登半島、白山市、能美市、小松市、加賀市、石川県) ● ふるさと(四国遍路、空海(弘法大師)、四国88ヵ寺(徳島23、高知16、愛媛26、香川23)、高野山(金剛峰寺、真言宗、和歌山)、高野聖(泉鏡花)、最澄(伝教大師)、比叡山、暦寺、天台宗、京都) ● ふるさと(阿讃山麓、和三盆糖、阿波藍、撫養塩田、阿波踊り、上板町、板野郡、徳島県) ● 人の世(方丈記、辞世、徒然草、論語、坐禅) ● 人物(卑弥呼、神武天皇、聖徳太子、土御門上皇、義仲、武蔵、島津斉彬、五百羅漢、法然、仁清、世阿弥、富樫、弁吉、秋声、犀星) ● 伝統工芸(日本刀、金箔、漆器、焼物、染物、和紙)、伝統産業(揚浜塩田、和菓子) ● 俳句、和歌、回文、洒落、漢詩 ● 健康食品(食物、飲物、成分) ● 名字(苗字) ● 囲碁(起源、棋話、歴史対局、儀式、遊び、近代碁、世界棋戦) ● 天災(地震、津波、台風、洪水、一発雷、豪雪、春一番、フェーン現象、火山、大火、黄砂、PM2.5) ● 戦争と平和(白村江、蒙古、朝鮮征伐、明治維新、日清、日露、世界第1次、太平洋、朝鮮戦争、満州事変、アメリカ、日本、万国博覧会、人類の起源) ● 文字(漢字、仮名文字、ローマ字の起源) ● 料理(おにぎり、おでん、すし、うどん、餅(もち、雑煮)、坂網鴨(治部煮)、和食、中国、韓国、インド料理) ● 暦、行事、風俗(伝統文化) ● 民俗(衣食住、信仰、語源、遺跡、芸能) ● 温泉、熱水(岩間噴泉塔、湯涌温泉、辰口温泉、玉造温泉、道後温泉) ● 絵画(東洲斎写楽、長谷川等伯、山下清、囲碁の絵巻物、源氏物語絵巻、鳥獣人物戯画、芸術と数学、黄金比、富嶽36景、竜安寺石庭) ● 資源(オイル、天然ガス、ウラン、レアメタル)、エネルギー(火力、原子力)、核分裂生成物、溶媒抽出(放射性トレーサー) ● 農林水産(穀物、野菜、果物、酪農、養殖、食品、花粉症、農地改革) ● 造園(庭園の起源、歴史、日本三名園、中国三名園) ● 都道府県(地名の由来、沖縄から北海道まで) ● 金属鉱山(尾小屋、神岡、足尾、別子、生野、石見、佐渡、菱刈、土呂久)、神社仏閣(池上本門寺、吉田神社)、浄化(ヘビノネゴザ、ホンモンジゴケ、リョウブ、鉄バクテリア、藻類) ● 風土(天然記念物、特別名勝、世界遺産、自然と人間との共生) ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 学問・資格 心と体 音楽

フォト

アクセス解析

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ