カテゴリー「● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」の100件の記事

2016年6月 9日 (木)

初夏の珍しい草花と花木、犀川土手と近くの市街地(6月7日)、ミヤコグサ、ヒメジョオン、ブタナ、ジシバリ、チガヤ、サルビアセージ、ラベンダー、コンボルブルス(セイヨウヒルガオとも)、タイサンボク、シモツケ、アベリア、サツキツツジ、とは(2016.6.9)

初夏の犀川土手の珍しい草花 (2016.6.7)

〇 ミヤコグサ

P6075507

P6075508

P6075506

P6075512

ミヤコグサ(都草、マメ科)、鮮黄色の蝶形花で、昔、都(京都)に多く自生していた、これが名の由来。細い茎が地面を這って広がり、春から秋まで咲き続ける。

〇 ヒメジョオン

P6075369

P6075388

P6075387

P6075384

ヒメジョオン(姫女菀、キク科)、黄色の筒状花と白色の舌状花で、花色は白だが、多少青紫色を帯びることがある。ハルジオンに似ているが、蕾がうな垂れないので見分けられる。姫は小さいの意味、女菀は、当て字の中国産の生薬名、紫菀の音読み、これが名の由来。

〇 ブタナ

P6075402

P6075403

P6075405

P6075401

ブタナ(豚菜、キク科、タンポポモドキとも)、黄色の舌状花で、タンポポに似ているが、葉はすべて根生葉のみで、花茎が上部でわずかに枝分かれして、その先にそれぞれ花をつける。フランス名を訳すとブタのサラダ、これが名の由来。

〇 ジシバリ

P6075542

P6075536

P6075534

P6075533

ジシバリ(地縛り、キク科)、黄色の頭花は舌状花のみで、四方に横走りする茎の節々から根を出して広がり、地面を縛るように見える、これが名の由来。

〇 チガヤ

P6075361

P6075360

P6075362

P6075356

チガヤ(血茅、イネ科、ツバナとも)、長い地下茎が縦横に這いながら、線形の葉が茎と共に立ち上がる。穂が出たばかりの頃は血液のように赤っぽい、これが名の由来。

初夏の犀川土手近く、市街地の珍しい草花、花木 (2016.6.7)

〇 サルビアセージ、ラベンダー、コンボルブルス(セイヨウヒルガオとも)

P6075614

サルビアセージ(シソ科)

P6075616

ラベンダー(シソ科)

P6075615

サルビアセージ(シソ科)、ラベンダー(シソ科)

P6075620

P6075621

コンボルブルス(ヒルガオ科、セイヨウヒルガオとも)

〇 タイサンボク

P6075587

P6075582

P6075585

P6075581


P6075584

タイサンボク(泰山木、モクレン科)

〇 シモツケ(下野、バラ科)、 アベリア(スイカズラ科、ツクバネウツギとも)

P6075653

シモツケ(下野、バラ科) 

P6075658

アベリア(スイカズラ科、ツクバネウツギとも)

P6075652

シモツケ(下野、バラ科)、 アベリア(スイカズラ科、ツクバネウツギとも)

〇 サツキツツジ

P6075633

P6075635

サツキツツジ(ツツジ科)

P6075636

P6075637_2

P6075638

北陸自動車道高架橋、国道8号線、横断地下道、金沢市示野中町、2016.6.7

 

2016年6月 8日 (水)

初夏の珍しい草花、犀川土手(6月7日)、ヘラオオバコ、アカツメグサ、シロツメグサ(クローバーとも)、コバンソウ(タワラムギとも)、アストロメリア(ユリズイセンとも)、とは(2016.6.8)

 花の形は、蝶形や唇形、舌状、漏斗などに似ていますが、これはいろいろな虫に花粉を運んでもらうためです。 また、花の色素は、黄(カロチノイド、約600種)が多く、次いで、赤、紫、黒色(アントシアニン、500種以上)など、白を除く、全ての花の色のもとになっています。 

 金沢は、6月7日、朝から雲に覆われ、気温も19~26℃と平年より高めでした。久しぶり、示野中橋近くまで出かけ、犀川土手の遊歩道を散策し、その途中の河川敷、花壇で目にした、ヘラオオバコ、アカツメグサ、シロツメグサ(クローバーとも)、コバンソウ(タワラムギとも)、アストロメリア(ユリズイセンとも)など、初夏の珍しい草花の光景をデジカメに収めました。

草花

〇 ヘラオオバコ

P6075344

P6075350

P6075348_2

ヘラオオバコ(箆大葉子、オオバコ科) 、6~7月、花は多数で小さく穂状、葉の形が、職人が使う竹や木のへらに似ている、これが名の由来。

〇 アカツメグサ

P6075422

P6075545

P6075544

アカツメグサ(赤詰草、マメ科)、5~10月、江戸時代、ガラスや陶器を欧州から送るとき、クッション材として箱に詰められた、これが名の由来。花が赤いのでアカツメグサ。

〇 シロツメグサ

P6075410

P6075414

P6075412

シロツメグサ(白詰草、マメ科、クローバーとも)、5~10月、江戸時代、ガラスや陶器を欧州から送るとき、クッション材として箱に詰められた、これが名の由来。花が白いのでシロツメグサと呼び、アカツメグサより、やや繁殖力が強く、多く群生。

〇 コバンソウ

P6075438

P6075434

P6075457

コバンソウ(小判草、イネ科、タワラムギ、俵麦とも)、6~8月、小花が集まった小穂が小判とか俵に似ている、これが名の由来。

〇 アルストロメリア

P6075392_2

P6075391

P6075395

アルストロメリア(アルストロメリア科、ユリズイセン、百合水仙とも)、4~6月、スウェーデンのリンネの友人、植物学者、アルストレーメルに因んで名づけられた。

P6075325

犀川土手の遊歩道、示野中橋近く、金沢市、   2016.6.7         

 

P6075454

犀川土手の遊歩道、大豆田大橋近く、金沢市、   2016.6.7         

 

 













2015年9月23日 (水)

秋の蝶、ツマグロヒョウモン(9月21日)、お花畑の菊の花に止まったのツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、タテハチョウ科)のオス光景、とは(2015.9.23)

 秋、一昨日(9月21日)は、快晴となり、金沢の市街、郊外を散策しました。その途中、戸板の歩道では、お花畑で飛び回り、菊の花に止まった秋の蝶、ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、タテハチョウ科)のオスが目につき、その光景をデジカメに収めました。

  

P9215565_2

P9215558

 

P9215564

P9215566

P9215567

P9215554

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋、タテハチョウ科)のオス お花畑   金沢市戸板  2015.9.21

2015年4月 2日 (木)

春の草花と花木(4月2日)、犀川土手の遊歩道沿いに咲く、面白い姿のヒメオドリコソウ(シソ科)の群生、また、目を引く花木、ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)とレンギョウ(モクセイ科)、ヤマザクラ(バラ科)、とは(2015.4.2)

https://www.facebook.com/honjo1003

 今日(4月2日)北陸地方は、高気圧に覆われ、金沢も朝から晴れ、日中は日差しが暖くなりました。  そこで、久しぶりに、犀川土手の示野中橋から若宮大橋(桜田、金沢市)に至る遊歩道を散策しました。

 その途中、遊歩道沿いに、春の到来を告げる、面白い姿の草花、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科)、また、目を引く花木、ジンチョウゲ(沈丁花、ジンチョウゲ科)とレンギョウ(連翹、モクセイ科)、ヤマザクラ(山桜、バラ科)などの花が咲いていましたので、その光景をデジカメに収めました。

P4020001

P4020002

P4020250

P4020036

P4020029

P4020120

P4020121

P4020131

P4020132

P4020022

P4020018

P4020072

ヒメオドリコソウ(シソ科)、ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ヤマザクラ(バラ科)、犀川土手遊歩道(桜田、金沢)、2015年4月2日撮影

(解説)

 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科、ヨーロッパ原産) 花穂の姿は東北地方の鹿踊りの格好によく似ています。

 ジンチョウゲ(沈丁花、ジンチョウゲ科、中国、ヒマラヤ原産) 淡桃、白色の花が咲く、常緑低木です。花弁のように見えるのは、先端が4裂した肉厚の萼(がく、花びらの外側の部分)です。

 レンギョウ(連翹、モクセイ科、中国原産) 鮮やかな多くの黄色の花を葉が出る前に咲かせ、弓状に長く伸びる枝は、地面につくと発根する、落葉低木です。

 サクラ(桜、バラ科、日本原産) 日本を代表する、淡桃、白、淡紅の花を咲かせる落葉高木です。代表品種、ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの交雑種と考えられ、江戸時代末期、江戸染井村で育成され、明治になって急速に普及しました。

(追加画像)

P4020076

P4020074

P4020222

P4020249

P4020294

花壇(犀川河川敷)、キジ(犀川土手斜面)、飛行機雲(犀川示野中橋上空)、マイカー(犀川近くsunKus駐車場)、2015年4月2日撮影

201546_4

満開のヤマザクラ(バラ科)、犀川土手遊歩道(桜田、金沢)、2015年4月6日撮影

2015年3月 6日 (金)

早春の野草(3月5日)、スギナ(杉菜)、その胞子茎はツクシ(土筆)、ツクシ誰の子、スギナの子、とは(2015.3.6)

https://www.facebook.com/ 

 昨日(3月5日)、金沢市内の日当りのよい、落葉低木の近くで、地上に茎を出しているスギナの群生が、目にとまりました。早速、春の訪れを告げる、その光景を、ドコモ(F-09B)のデジカメに収めました。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

スギナ(杉菜)、落葉低木(ムクゲ)傍、示野中町、金沢、2015年3月5日撮影

Photo_8

Photo_9

ツクシ(土筆)、スギナ(杉菜)の胞子茎、半常緑低木(アベリア)傍、鞍月、金沢、2015年3月6日撮影

(解説) スギナ(杉菜)は、3~5月頃に生えてきて、葉がスギ(杉)の細い葉に似ているので、スギという言葉がつきました。この種は、多年草で、シダ(トクサ科)に属する植物です。

  一般に、スギナは、やや酸性の土(~pH3)を好み、表面の乾いた土地によく生えるので、土壌の酸性度を知る植物(指標植物)ともなります。

  このたび、スギナの生育が認められた、落葉低木(ムクゲ)、あるいは、半常緑低木(アベリア)傍は、端っこの方の、手入れもあまりされていない、荒地のようなところでした。一方、スギナが全く見られないところも多く、そこは除草剤と肥料も使って、手入れの行き届いたところでした。

 一方、 ツクシ(土筆)は、昔から「ツクシ誰の子、スギナの子」と言われるように、スギナ胞子茎(ほうしけい)です。これは食べられるので、)となりました。また、その筆に似ているので、土筆とも書きます。

 また、スギナは、全草(根、茎、葉など全て)が、生薬の問荊(もんけい)の名で、利尿薬にも使われています。

(参考資料)

○ ツクシ(土筆)、葉が杉に似ているスギナ(杉菜)の胞子茎で、ナ(菜)は食べられることを意味する、漢字名(土筆)の由来は土から出た形が筆に似ている、とは(2013.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-6ec1.html

○ スギナ(薬用植物一覧表、イー薬草、ドットコム、新潟)): http://www.e-yakusou.com/sou/soum002.htm

 

2014年8月15日 (金)

終戦記念日(8月15日)、犀川と金沢市街の夜景、戦没者、約310万人ご冥福の祈り(2014.8.15)

 今日、8月15日は、69回目の終戦記念日、犀川と金沢市街の夜景を眺めながら、戦争の犠牲者、約310万人のご冥福を祈りました。

20148


犀川と金沢市街の夜景(終戦記念日、桜田町、金沢市、石川県、2014.8.15)

(追加資料)

〇 天皇陛下のおことば(全文)、2016年(平成28年)8月15日(月)、午後0時4分、終戦の日、政府主催 71回 全国戦没者追悼式、日本武道館、東京都千代田区、遺族ら5333人が参列。

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

2014年8月 9日 (土)

早朝(8月7日)、犀川の遊歩道での散歩やジョギングを楽しむ人々、また、犀川中洲でのシラサギのアユ捕りの光景、とは(2014.8.9)

 早朝、少し明るくなったとき、わが家のベランダに出ると、犀川の遊歩道で散歩やジョギ

を楽しんでおられる人々、また、犀川の中洲沿いでアユ捕りをしているシラサギの群

れがにつき、しばらく見とれていました。

10376994_321726321335716_7975479778

10527499_321726471335701_8950085215

10501735_321726514669030_8169454523

10378539_321726568002358_12876028_2

10429450_321726648002350_2621344911

犀川遊歩道で散歩やジョギングを楽しむ人々、また、犀川中洲でのシラサギによるアユ捕りの光景(桜田、金沢、2014.8.7)

(参考資料) 〇 アユ釣り解禁(6月16日)、犀川で糸を垂れる太公望、まめだおおはし(大豆田大橋)下の堰堤(えんてい)でアユを口ばしで捕るシラサギとアオサギの光景、とは(2014.6.16): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-156c.html

2014年8月 1日 (金)

パノラマの風景、石川県庁、北陸自動車道、金沢市街及び、金沢駅前、繁華街、新緑の犀川と中洲などのパノラマの風景、とは(2014.8.1)

 北陸地方は7月31日(木)、台風12号によるフェーン現象を生じ、日中は35℃近くと蒸し暑い一日となりました。が、午後から青空の見える好天気となったので、わが家から眺めた、石川県庁、北陸自動車道、金沢市街及び、金沢駅前、繁華街、新緑の犀川と中洲などのパノラマの風景を、オリンパスのデジタルカメラ(SZ-16/DZ-105)で撮影しました。

1_13

P7300003

P6260024_2

石川県庁(右端)、北陸自動車道の高架橋(左右横断)、金沢市街(桜田近く)のパノラマの風景(2014.7.31撮影)

2_12

P7300027_4

P7300028_2

P7300029_2



金沢駅前(ポルテ金沢、左端)、繁華街(武蔵、香林坊、片町、中央左寄り)、新緑の犀川と中洲(桜田近く)のパノラマの風景(2014.7.31撮影)

2014年7月28日 (月)

犀川の示野中橋近くの土手の除草作業の光景、とは(2014.7.28)

 7月の中頃、いつもの年と同じように、造園業者(出雲園)による犀川の示野中橋近くの土手の除草作業の光景が見られました。 また、北陸地方は、本日、7月28日、梅雨明け宣言がありました。

  • P7080001_2
  • P7080039_2
  • P7080034

P7080032

P7080026

P7080029

P7080017_2

P7080020

P7080019_2

犀川の示野中橋近くの土手の除草作業の光景(示野中橋近く、桜田、金沢)

(参考資料) ○ 新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/2014527-e3a7.html

2014年7月 1日 (火)

夏の花(6月28日)、犀川の遊歩道沿い、犀川ふれ愛パークの花壇で咲き誇る、パンジー、アルストロメリア、マツバギク、サルビア、マリーゴールド、ベゴニアなど、個性豊かな園芸の花、とは(2014.6.28)

 犀川の土手の遊歩道沿いを散策中、犀川ふれ愛パークの花壇で、色とりどり、個性豊かに咲き誇る、夏の園芸の花を目にし、しばし、見とれていました。

P6260075

P6260076

P6260051

P6260061

P6260059

P6260062

P6260056

○ パンジー(スミレ科、サンシキスミレとも、1年草、多年草、低木、園芸品種、全世界に分布)

P6260048

P6180059_2

○ アルストロメリア(アルストロメリア科、ユリズイセンとも、多年草、南アメリカ原産)

P6260054_2

○ マツバギク(ツルナ科、ランプランサスとも、多年草、南アフリカ原産)

P6260072_2

P6260066

○ サルビア(シソ科、ヒゴロモソウとも、1年草、多年草、園芸品種、ブラジル原産)

P6260067

○ マリーゴールド(キク科、マンジュギクとも、1年草、中央アメリカ原産)

P6260069

○ ベゴニア(シュウカイドウ科、シキザキベゴニアとも、多年草、ブラジル原産)

(参考文献) 浜田豊著: 花の名前、日東書院(2011).

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

● Science Topology ( サイエンス、歴史散歩、金沢、石川) | ● いしかわ(名水、湧水、金城霊沢、上の清水、白山霊水、弘法池の水、杉森地蔵水、神子清水、柳原の湧水、金沢の水、末浄水場、弘法の水、満濃池) | ● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園) | ● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県) | ● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県) | ● かなざわ(石川県庁、金沢駅、加賀藩、北陸の交通路、赤門、天下の書府、北前船、河北潟、金沢港、大野お台場、野田山、大乗寺丘陵公園) | ● かなざわ(金沢城、兼六園、野田山、加賀藩主前田家墓所) | ● のと、かが(四季折々、能登半島、白山市、能美市、小松市、石川県) | ● ふるさと(四国遍路、空海(弘法大師)、四国88ヵ寺(徳島23、高知16、愛媛26、香川23)、高野山(金剛峰寺、真言宗、和歌山)、高野聖(泉鏡花)、最澄(伝教大師)、比叡山、暦寺、天台宗、京都) | ● ふるさと(阿讃山麓、和三盆糖、阿波藍、撫養塩田、阿波踊り、上板町、板野郡、徳島県) | ● 人の世(方丈記、辞世、徒然草、論語、坐禅) | ● 人物(卑弥呼、神武天皇、聖徳太子、土御門上皇、義仲、武蔵、島津斉彬、五百羅漢、法然、仁清、世阿弥、富樫、弁吉、秋声、犀星) | ● 伝統工芸(日本刀、金箔、漆器、焼物、染物、和紙)、伝統産業(揚浜塩田、和菓子) | ● 俳句、和歌、回文、洒落、漢詩 | ● 健康食品(食物、飲物、成分) | ● 名字(苗字) | ● 囲碁(起源、棋話、歴史対局、儀式、遊び、近代碁、世界棋戦) | ● 天災(地震、津波、台風、洪水、一発雷、豪雪、春一番、フェーン現象、火山、大火、黄砂、PM2.5) | ● 戦争と平和(白村江、蒙古、朝鮮征伐、明治維新、日清、日露、世界第1次、太平洋、朝鮮戦争、満州事変、アメリカ、日本、万国博覧会、人類の起源) | ● 文字(漢字、仮名文字、ローマ字の起源) | ● 料理(おにぎり、おでん、すし、うどん、餅(もち、雑煮)、坂網鴨(治部煮)、和食、中国、韓国、インド料理) | ● 暦、行事、風俗(伝統文化) | ● 民俗(衣食住、信仰、語源、遺跡、芸能) | ● 温泉、熱水(岩間噴泉塔、湯涌温泉、辰口温泉、玉造温泉、道後温泉) | ● 絵画(東洲斎写楽、長谷川等伯、山下清、囲碁の絵巻物、源氏物語絵巻、鳥獣人物戯画、芸術と数学、黄金比、富嶽36景、竜安寺石庭) | ● 資源(オイル、天然ガス、ウラン、レアメタル)、エネルギー(火力、原子力)、核分裂生成物、溶媒抽出(放射性トレーサー) | ● 農林水産(穀物、野菜、果物、酪農、養殖、食品、花粉症、農地改革) | ● 造園(庭園の起源、歴史、日本三名園、中国三名園) | ● 都道府県(地名の由来、沖縄から北海道まで) | ● 金属鉱山(尾小屋、神岡、足尾、別子、生野、石見、佐渡、菱刈、土呂久)、神社仏閣(池上本門寺、吉田神社)、浄化(ヘビノネゴザ、ホンモンジゴケ、リョウブ、鉄バクテリア、藻類) | ● 風土(天然記念物、特別名勝、世界遺産、自然と人間との共生) | ウェブログ・ココログ関連 | スポーツ | 学問・資格 | 心と体 | 音楽

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ