カテゴリー「● かなざわ(石川県庁、金沢駅、加賀藩、北陸の交通路、赤門、天下の書府、北前船、河北潟、金沢港、大野お台場、野田山、大乗寺丘陵公園)」の34件の記事

2015年10月22日 (木)

金沢駅(10月21日)、兼六園口(東口) 能登ヒバの鼓門、総ガラス張りのもてなしドーム、金沢港口(西口) ステンレス製の大型モニュメント、とは(2015.10.22)

 金沢駅では、金沢城、兼六園側金沢駅東広場には、2005年(平成17年)、能楽の加賀宝生(かがほうしょう)をモチーフにした能登ヒバの鼓門(つづみもん)と、総ガラス張りのもてなしドームが完成しました。

 ガラスとパイプの大屋根は、高さ30m、金沢を訪れる人にさし出す(かさ)のイメージで、雨や雪の多い土地で濡(ぬ)れないようにという、もてなしの心を、また、は、が盛んな伝統芸能土地象徴させたという。

 2011年(平成23年)12月27日、米国旅行雑誌誌、トラベル・レジャー(ウウェブ版)が、世界で最も美しい駅14駅を選出したとき、日本では唯一、金沢駅、鼓門、もてなしドームが選ばれました。

  前金沢市長山出保(やまでたもつ、1931~ )さんは、最初は市民から異様とか、金沢らしくないとか、言われましたが、やがて旅行者や写真家の評判が高まり受け入れられるようになり、金沢のテーマは、保存と開発の調和で、ドームと門は、伝統と現代を調和させたと思っている、と言う。

〇 兼六園口(東口)

Pa217367

鼓門(手前)、もてなしドーム(背後)      金沢駅東広場

Pa217369

Pa217359

Pa217356

 JR金沢駅 北陸新幹線ホーム            兼六園口(東口)

 一方、日本海側金沢駅西広場には、1989年(平成元年)金沢市制100周年記念事業モニュメントとして設置された、金属造形のステンレス製大型モニュメント悠颺(ゆうよう、ゆったりと風で舞い上がる意)が目を引きます。 

〇 金沢港口(西口)

Pa217774_2

ステンレス製の大型モニュメント              金沢駅西広場 

Pa217775

Pa217773

JR金沢駅  北鉄バスターミナル             金沢港口(西口) 

(参考資料)

〇 晩秋(11月4日)、金沢駅の西側にある駅西ケヤキ大通り、ステンレス製の大型モニュメント、駅西口、及び東側にある、ポルテ金沢、もてなしドームと鼓門、駅東口の景観、北陸新幹線の金沢開業のマスコットキャラクター、ひゃくまんさん、とは(2014.11.5):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/2014115.html

〇 JR金沢駅のシンボル、金沢駅東口のもてなしドームと鼓門(つづみもん)、金沢駅西口のステンレス製の大型モニュメント、悠颺(ゆうよう)、とは(2013.5.20): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-abd8.html

 

 

2015年8月20日 (木)

石川県庁の県民の杜、山野草、樹木の管理、県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯)の草刈り、とは(2015.8.20)

 石川県新庁舎は、県民に広く開放されています。その敷地内( 103,161m² )には、県民の杜(けんみんのもり、36,541m²)の緑地帯を設けて、庁舎閉庁日でも気軽に入りやすくしています。 

 そこには県内の有名な樹木、名木の幼木、各種の山野草などが植えられ、県土木部公園公園緑地課、造園業者によって管理され、市民は杜の中の遊歩道を自由に散策しながら、四季折々の草花、花木の風景を眺めて楽しむことができます。

 県民の杜の議会庁舎前の回遊式庭園では、遊歩道沿いの白色テッポウユリ(鉄砲百合、ユリ科、多年草)のが真っ盛りでした。また、おもいでの森の用水のふちの湿地には、茶色の円柱状ガマ(蒲、ガマ科、多年草)の雌花穂(かすい)が目につきました。

  また、県民の杜の大きな樹木の植穴(しょくあな)には、排水をよくして根腐れを防ぐため、ツインパイル(珪藻土焼成粒充填パイプ)の埋め込みが、至るところで見られました。

〇 県民の杜(回遊式庭園、歴史の径、おもいでの森、用水、遊歩道)

F1000073

F1000077

F1000071_2_2

テッポウユリ(鉄砲百合、ユリ科、多年草)、県民の杜、回遊式庭園の遊歩道沿いに群生

(解説) 蕾(つぼき)の形が、室町時代、ポルトガル人が種子島に伝えたテッポウ(鉄砲)の形に似ているのが、その名の由来となっています。また、このに数多く自生しているユリを、鉄砲ユリと名付けたとも考えられています。

F1000033

F1000044_2

F1000043_2

ガマ(蒲、ガマ科、多年草) 県民の杜、遊歩道沿い用水のふちの湿地

(解説) ガマは、古事記の中の因幡の白兎の物語の中で、白兎の傷を治す薬草として知られています。大国主命は、ガマの花粉をまず傷口に付け、その後にガマの穂綿を敷き、その上に寝るようにと、白兎に助言したという。なお、茶色の円柱状の雌花穂の上に小さな黄色い雄花穂が付いています。

F1000003

F1000004

F1000005

タブノキ(椨の木、クスノキ科、常緑高木)とツインパイル(珪藻土焼成粒充填パイプ)、県民の杜、遊歩道沿いの街路樹

(解説) ツインパイル(イソライト工業株式会社)は、イソライトCGを双筒状の透水シートに充填したもので、植穴(しょくあな)の停滞水を排除し、樹木の根腐れの防止に使っています。

〇 石川県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯草刈り)

F1000017

F1000016

F1000018

F1000019

草刈り、石川県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯草刈り) 石川県庁舎前の道路、地元の造園業者による草刈り作業

 

2015年8月 1日 (土)

豪華な大型クルーズ船入港(7月31日)、日本生まれの大型客船、ダイヤモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS)が金沢港大浜ふ頭に寄港、金沢市内をバス観光ツァー、とは(2015.8.1)

   昨日(7月31日)、米国の豪華な大型クルーズ客船、ダイヤモンド・プリンセスが、金沢港大浜ふ頭(金沢市大野町新町)に寄港するということで、見学に行ってきました。 横浜を出発して九州、釜山を経由し、日本海側に出て金沢に寄港、その後、津軽海峡を通り横浜に戻る(横浜-長崎-釜山-舞鶴-【金沢】-青森-横浜)、日本一周のクルーズです。

 ダイアモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS、米国船社)は、2004年(平成16年)2月、日本ではじめて三菱重工により長崎造船所で建造された、外航クルーズの大型客船です。

 乗客数2670名、115875万トンの大きな豪華船でした。乗船客は、観光ボランティアらの出迎えを受け、金沢市内観光などを楽しみました。欧米人もいましたが、バスツァーで瀑買する中国人がメインのような感じがしました.。そこで、しばらく西側の駐車場近くから、その後は西から北、東の方へ歩きながら船体を眺め、その光景をデジカメに収めました。

 また、船内では県などによる歓迎セレモニーがあり、一般見学会では4ヵ所あるプールや700人収容の劇場、公海上で催されるカジノなど豪華な設備が紹介されました。

P7313175

P7313174_3

P7313231

P7313244

P7313179

P7313206_3

P7313208

P7313259

P7313270

P7313265

P7313266

P7313260

P7313263

ダイアモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS、米国船社)、外航クルーズの大型客船金沢港大浜ふ頭(金沢市大野町新町)、2015.7.31

(参考資料、話題)

○ PRINCESS CRUISES(ホームページ): http://www.princesscruises.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=sp&utm_expid=55672420-0.sAqBo60dSyujYHlbTmiqpA.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2Faclk%3Fsa%3Dl%26ai%3DClDQ-xyO8VdX9KpDe8QX7lpn4Cse25q0H3_eK76sC1_yFCwgAEAEgx5j4BWCJg4CAhBSgAbn50MgDyAEBqQKJozLSBFRBPqoEJU_QEsU1KsZuubEmiKjHl8fNBxszDD2k2ZUQ617LYXoHTmpVQ_mABZBOgAevhq83iAcBkAcCqAeiwhuoB6a-G9gHAQ%26sig%3DAOD64_1WJ7ZEKa4qf6uQJ17f_kdWTgqABA%26clui%3D0%26rct%3Dj%26q%3D%26ved%3D0CBsQ0QxqFQoTCNmxzsfghscCFUWVlAodf0AC2A%26adurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.princesscruises.jp%2F%253Futm_source%253Dgoogle%2526utm_medium%253Dcpc%2526utm_campaign%253Dsp

〇 金沢港の未来 2017.5.7

 五万トン級の大型クルーズ船の入港は、金沢人にとっては、まさに夢の実現だった。金沢港は、豪雪で孤立した金沢市を救うために、約50年ほど前に建設された。掘り込み港湾は、工業用地の活用には利点があるが、弱点は水深にあった。当初は石油 製品や木材の輸入が大きな目的であった。

 昨今、港の再整備が計画されている。私はぜひ金沢みなと会館を三、四階建てにして、クルーズ船から可動式電動桟橋で直接つなぎ、乗り降りできるようにしてほしい。みなと会館には休憩ホールを設け、石川の宣伝ビデオの上映を行い、地元の名物の軽食を出してもよいと思う。 金沢港の将来性のある整備発展を期待する。

(北陸中日新聞(星野忠太郎(金沢市、93歳):モーニング 金沢港の未来、2017年(平成29年)5月7日(日)より)

〇 金沢港(ウィキペディア): https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E6%B8%AF

〇 (社)金沢港振興協会: http://www.k-port.jp/

〇 金沢港の現状

2_2

金沢港、物流・クルーズの拠点港へ、、2020年は金沢港開港50周年(2017年春季) 

 現在、金沢港は、コンテナ貨物の取扱量とクルーズ船の寄港数が共に大きく増加し、物流・観光の両面で「金沢港」の果たす役割が高まっている。県では、日本海側の物流・クルーズの拠点港を目指し、「金沢港機能強化整備計画(仮称)」の策定に着手しました。2020年は金沢港開港50周年に新たな歴史を刻めるよう、整備が進められている。

2015年7月22日 (水)

北陸地方梅雨明け(7月21日)、大乗寺丘陵公園、野田山、金沢市街と日本海を遠望、日野原重明先生百歳記念植樹、秋の七草の筆頭、ハギ(萩)の花、とは(2015.7.22)

 北陸地方は7月21日、平年より3日早く、昨年とは同じ日の梅雨明けとなりました。この日は、日中の気温は34.8℃と真夏日でした。丁度、家内の健やか検診が、健生クリニックであり、2ヶ月ぶり、野田山の大乗寺丘陵公園までマイカーを走らせ、暑い中、しばらくの間、公園内を散策しました。

 その間、眼下に金沢市街を、遠く日本海を眺め、また、日野原重明先生百歳記念植樹のケヤキ(ニレ科)、秋の七草の一つ、ハギ(萩、マメ科)の花などが目に留まり、しばらく見とれたのち、その光景をデジカメに収めました

P7212822

大乗寺丘陵公園 総合案内図、野田山 (長坂町、金沢市、石川県)

P7212825

P7212778

P7212771

P7212770

金沢市街(中央に金沢駅前、ポルテ金沢)と遠く西方の日本海を遠望

P7212843

P7212839

P7212840

P7212817

日野原重明先生百歳記念植樹のケヤキ(欅、ニレ科)、(新老人の会 石川支部、2012年3月11日)

P7212776

P7212773

P7212774_3

P7212782_2

秋の七草の筆頭、ハギ(萩、マメ科、落葉低木)の花

P7212861

P7212855_2

P7212864

大乗寺丘陵公園、金沢市街と日本海を遠望、日野原重明先生百歳記念植樹のケヤキ(欅)、秋の七草の一つ、ハギ(萩)の花、マイカーと駐車場(長坂町、金沢市、2015年7月21日)

(参考資料)

〇 大乗寺公園(長坂町、金沢市): http://www4.city.kanazawa.lg.jp/29004/park/park/daijyouji.html

 

 SSA(Facebook) http://www.shinrojin.com/facebook/ 

 なお、日野原重明先生は、2012年5月、「新老人の会フェイスブックを創められました。まさに100歳のフェイスブックでした。 そして、全国の「新老人の会」会員のフェイスブックによる新しい絆作りを推進するために「スマートシニア・アソシエーション」(SSA)が発足しました。 

〇 新老人の会(本部事務局、千代田区、東京): http://www.shinrojin.com/(ホームページ)

〇 100歳現役医師、日野原重明先生から学ぶ100歳以上長生きする秘訣(NAVERまとめ): http://matome.naver.jp/odai/2141368668598405701

2015年6月27日 (土)

自然エネルギー照明システム(6月24日)、風力と太陽光による発電と県民の杜の遊歩道の夜間照明、とは(2015.6.27) 

 金沢は6月24日、朝から晴れと天候に恵まれました。 県庁の東南方向、県民の杜、おもいでの森を散策途中、遊歩道沿いの自然エネルギー照明システムが目に留まりました。 

 これは、太陽と風の力をもらって電気をつくり、県民の杜の遊歩道の夜間照明を点灯するのものです。

 そこで、風力発電の風車の動きと太陽光発電のパネルの採光の状況をしばらく観察し、その光景をデジカメの静止画と動画に収めました。 

 なお、日本国内の風力発電量は279万キロワットしかなく、世界19位、国内の発電量に占める割合は、0.5%ほどです。環境省によると、日本の風力の潜在力は、北海道、東北、九州を中心に1.65億キロワットもあるという。

P6241867_2

P6241869

P6241870

P6241872

P6241873

自然エネルギー照明システム、県民の杜、おもいでの森、遊歩道沿い、金沢市鞍月(2015.6.24撮影)

2015年6月23日 (火)

夏至(6月22日)、県庁の北西方向、県民の杜、 回遊式日本庭園 噴水 (議会庁舎前、金沢市鞍月)の光景、とは(2015.6.23)

 一昨日は雨天でしたが、昨日(6月22日)は夏至(げし)で、梅雨の合い間に青空が広

がり、朝から晴れとなり、昼頃から次第に曇天となりました。

 そこで、県庁の北西方向、県民の杜、日本庭園を散策し、議会庁舎前の噴水、回遊式庭

園(金沢市鞍月)の光景など、しばらく鑑賞したのち、それらの光景をデジカメに収めまし

た。

P6221655_2

P6221656_2

P6221665

P6221658

P6221693

P6221701

P6221704

P6221686_3

県民の杜 日本庭園 噴水 石川県庁北西 議会庁舎前 金沢市鞍月

○ 噴水(動画): https://www.youtube.com/watch?v=j1_4hnFSBoE

2015年3月30日 (月)

白山連峰と金沢市街(3月28日)、石川県庁19階(80m)から眺めた白山連峰下の金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の景観、とは(2015.3.30)

https://www.facebook.com/honjo1003

 先日(3月28日)朝、はじめは曇空でしたが、次第に青空が広がり、気温も16.7℃と暖かくなり、昼頃には心地よい晴天となりました。

 そこで、久しぶりに、石川県庁の最上階、19階(80m)の展望ロビーを訪れ、そこから白山連峰、金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の眺望を楽しみ、それらの景観をデジカメに収めました。

P3280017

P3280059_3

P3280050

P3280061

P3280046_2

P3280028

金沢駅の西側、日本海側の石川県庁19階(80m)から眺めた、東側の白山連峰下の金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の景観、鞍月、金沢、2015.3.28撮影

2015年3月15日 (日)

北陸新幹線開業(3月14日)、 東京~金沢のルートは、江戸時代、加賀藩の参勤交代の江戸~金沢のルートと類似、そのルーツと期待、とは(2015.3.15)

 北陸新幹線は、東京を起点として長野、上越、富山、金沢、福井等の主要都市を経由し、大阪に至る(約700km)ルート(路線)です。2015年(平成27年)3月14日、東京~金沢間(450km)が開業され、約2時間30分で結ばれました。

P3170105_2


   金沢駅ホームでは14日、関係者がテープカットし、くす玉を割り、辻昭夫駅長らの合図で上り一番列車「かがやき500号」が、定刻の午前6時を1分ほど遅れて出発しました。全車指定934席は満席、反対側のホームまで詰めかけた5000人のファンらが手を振って見送り、開業を祝いました。

 また、東京発の下り一番列車が金沢駅に、午前8時46分に到着し、首都圏からの観光客などを、県内関係者が出迎えました。

314

北陸新幹線(東京方面に向かって疾走するE7系、2015年3月14日午前11時6分、富山県魚津市上野で、北陸中日新聞、北陸写真ニュース、河口貞史撮影)

 そのルートは、江戸時代、加賀藩が、参勤交代参覲交代とも)で、金沢から江戸まで、約12泊13日、歩いて参上した3つのルートの中で、越後、信濃を通るコースとよく似ているという

Outemap_img1

○ 北陸新幹線のルート、 北陸新幹線について(北陸新幹線スペシャルサイト); http://hokuriku-w7.com/about/

Photo

○ 加賀藩の参勤交代ルート、大名行列の秘密(ブログ、gee​zen​sta​c の森): http://blogs.yahoo.co.jp/geezenstac/53438026.html 

 江戸時代、参勤交代では、普通は、約12泊13日、2000人、馬200匹の行列で江戸まで歩き、現在の金額にして、片道2億円以上かかったという。

 現代、北陸新幹線のルーツは、1965年(昭和40年)9月、石川県体育館(金沢市)での政府の公聴会、佐藤栄作首相を迎えた「一日内閣」で、岩川毅(中越パルプ工業、富山)による北回り新幹線(東京から富山、金沢経由で大阪へ)の提唱に始まります。これは、東海道新幹線の開業からわずか1年足らずの出来事 でした。

 基本計画は、1972年(昭和47年)6月に決定され、工事が1989年(平成元年)に始まりました。そして、1998年(平成10年)2月の長野オリンピック(第18回オリンピック冬季競技大会)に合わせて、1997年(平成9年)10月、高崎ー長野間(117.4km)が先行開業長野新幹線と呼ぶ)しました。

 そして、北陸新幹線は、2015年(平成27年)3月14日、長野ー金沢間(228km)で延伸開業北陸新幹線に呼び名を統一)されました。2022年(平成34年)には、福井経由で敦賀までの延伸工事が決まっています。が、最終目標は、東京と大阪を日本海側で結ぶことですが、敦賀ー大阪間のルートは、未定です。

 車両はJR東日本とJR西日本が共同開発し、JR東の車両はE7系、JR西はW7系と呼び、その性能(最高時速260km)や外形はほとんど同じです。デザインは、和風で、日本海の空をあらわす青色や、伝統工芸にゆかりの銅色を使っています。

 運行は、JR西日本、JR東日本の共同で、金沢ー東京間(450km)が最速2時間28分で結ばれました。在来特急を乗り継ぐこれまでのルートから1時間20分ほどの短縮となります。 12両編成のうち1両では、グリーン車より上級のグランクラスのサービスがあります。

 地元では、首都圏からの観光客増加、また、沿線の企業活動活性化生活圏拡大など地域振興に大きな効果があると期待されています。

(参考資料)

〇 北陸新幹線、2015年春開業、東京~金沢のルートは、江戸時代、加賀藩の参勤交代のルートとよく似ている、とは(2014.7.14): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-801f.html

 

○ 北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/201537-531e.html

 

 

 

2015年3月 7日 (土)

北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7)

https://www.facebook.com/

  北陸新幹線金沢開業が、いよいよ残り7日に迫ってきました。昨年12月発表の運行ダイヤによると、始発は、午前6時00分、金沢駅を出発する最速列車「かがやき」に決まりました。 この列車に乗ると、午前8時32分には東京駅に到着できます。

 一方、最終は、東京駅を午後9時04分に出発するので、日帰りでも、東京に12時間以上滞在する、観光やビジネスができます。 

 また、金沢駅は、県外客に分かりやすいように、東口が兼六園口、西口が金沢港口へと名称が変更されるほか、新しい観光情報センターの整備なども進められています。現在、開業に向けてカウントダウンが進む中、期待の声が高まっています。

1_3

4

2_3

3_3

北陸新幹線(3月14日開業、金沢~東京、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間28分、Google画像)

〇 北陸新幹線(E7系・W7系、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%99%B8%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

(追加説明) 北陸新幹線の列車名

 北陸新幹線は、東京~金沢間に4タイプの運行体系があり、列車名は一般公募により、4つの列車名、「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」、「あさま」、と名付けられました。

かがやき」は、東京~金沢間、直通列車(速達タイプ)の列車名で、その選定理由は、「輝く光がスピード感と明るく伸びていく未来をイメージさせるため」とされています。この名前は、かつて、北陸本線・信越本線経由で金沢~長岡間を走る特急列車の名称でした。

その他、「はくたか」は、東京~金沢間直通列車(停車タイプ)、「つるぎ」は、富山~金沢間運転列車(シャトルタイプ)と決まりました。が、東京~長野間運転列車(現長野新幹線タイプ)は、引き続き、「あさま」となっています。

〇 北陸新幹線時刻表発表(WOW): http://jp.wow.com/search?s_pt=aolsem&s_it=aolsem&s_chn=42&q=%E5%8C%97%E9%99%B8%20%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%20%E6%99%82%E5%88%BB%20%E8%A1%A8%20%E7%99%BA%E8%A1%A8&ifmobile=

2014年12月22日 (月)

冬至(12月22日)、石川県庁舎19階展望台から眺めた、県庁東(金沢中心街側、富山方向)からの景観(立山連峰、卯辰山、金沢駅前、ポルテ金沢、金沢城、兼六園、野田山、大乗寺公園、白山連峰)を遠望、とは(2014.12.22)

 今日(12月22日)は冬至、昼が1年中で1番短く、夜が1番長くなります。そして一陽来復! この日から徐々に日足はのびていきます。 わが国では、冬至にかぼちゃ、こんにゃくなどを食べる風習があります。これは、珍しくなった野菜類を、冬の祭りに供えたことの名残りという。 また、この日、冷酒を飲み、ゆず湯に入る風習もあります。ゆず湯に入ると無病息災! といわれています。

 金沢は、朝から暴風と霰(あられ)に見舞われていました。が、午後から晴れ間も見られたので、県庁19階展望台に昇り、日の出の見られる県庁東(金沢中心街側、富山方向)からの景観(立山連峰、卯辰山、金沢駅前、ポルテ金沢、金沢城、兼六園、野田山、大乗寺公園、白山連峰)を遠望し、それらの景色をデジカメに収めました。

https://www.facebook.com/honjo1003

Pc220129_2

Pc220118

Pc220110

Pc220002_2

Pc220061

Pc220011_2

Pc220026_2

Pc220010_2

Pc220016_3

Pc220031

Pc220017_2

Pc220047

Pc220056

石川県庁舎19階展望台から眺めた、県庁東(金沢中心街側、富山方向)からの景観(立山連峰、卯辰山、金沢駅前、ポルテ金沢、金沢城、兼六園、野田山、大乗寺公園、白山連峰)を遠望(冬至の日、鞍月、金沢市、石川県、2014年12月22日撮影)

(参考資料) ○ 冬至、一陽来復(冬が去り春が来る)、冬至節(天壇での皇帝の祭り、中国)、とは(2010.12.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/151.html

○ 秋の季節(9月6日)、石川県庁舎19階展望台から眺めた、県庁東(金沢中心街側)からの景観(東から南方向、金沢駅前、ポルテ金沢とサーパス桜田町マンションを遠望、とは(2014.9.6): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/9-a9a8.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

● Science Topology ( サイエンス、歴史散歩、金沢、石川) | ● いしかわ(名水、湧水、金城霊沢、上の清水、白山霊水、弘法池の水、杉森地蔵水、神子清水、柳原の湧水、金沢の水、末浄水場、弘法の水、満濃池) | ● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園) | ● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県) | ● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県) | ● かなざわ(石川県庁、金沢駅、加賀藩、北陸の交通路、赤門、天下の書府、北前船、河北潟、金沢港、大野お台場、野田山、大乗寺丘陵公園) | ● かなざわ(金沢城、兼六園、野田山、加賀藩主前田家墓所) | ● のと、かが(四季折々、能登半島、白山市、能美市、小松市、石川県) | ● ふるさと(四国遍路、空海(弘法大師)、四国88ヵ寺(徳島23、高知16、愛媛26、香川23)、高野山(金剛峰寺、真言宗、和歌山)、高野聖(泉鏡花)、最澄(伝教大師)、比叡山、暦寺、天台宗、京都) | ● ふるさと(阿讃山麓、和三盆糖、阿波藍、撫養塩田、阿波踊り、上板町、板野郡、徳島県) | ● 人の世(方丈記、辞世、徒然草、論語、坐禅) | ● 人物(卑弥呼、神武天皇、聖徳太子、土御門上皇、義仲、武蔵、島津斉彬、五百羅漢、法然、仁清、世阿弥、富樫、弁吉、秋声、犀星) | ● 伝統工芸(日本刀、金箔、漆器、焼物、染物、和紙)、伝統産業(揚浜塩田、和菓子) | ● 俳句、和歌、回文、洒落、漢詩 | ● 健康食品(食物、飲物、成分) | ● 名字(苗字) | ● 囲碁(起源、棋話、歴史対局、儀式、遊び、近代碁、世界棋戦) | ● 天災(地震、津波、台風、洪水、一発雷、豪雪、春一番、フェーン現象、火山、大火、黄砂、PM2.5) | ● 戦争と平和(白村江、蒙古、朝鮮征伐、明治維新、日清、日露、世界第1次、太平洋、朝鮮戦争、満州事変、アメリカ、日本、万国博覧会、人類の起源) | ● 文字(漢字、仮名文字、ローマ字の起源) | ● 料理(おにぎり、おでん、すし、うどん、餅(もち、雑煮)、坂網鴨(治部煮)、和食、中国、韓国、インド料理) | ● 暦、行事、風俗(伝統文化) | ● 民俗(衣食住、信仰、語源、遺跡、芸能) | ● 温泉、熱水(岩間噴泉塔、湯涌温泉、辰口温泉、玉造温泉、道後温泉) | ● 絵画(東洲斎写楽、長谷川等伯、山下清、囲碁の絵巻物、源氏物語絵巻、鳥獣人物戯画、芸術と数学、黄金比、富嶽36景、竜安寺石庭) | ● 資源(オイル、天然ガス、ウラン、レアメタル)、エネルギー(火力、原子力)、核分裂生成物、溶媒抽出(放射性トレーサー) | ● 農林水産(穀物、野菜、果物、酪農、養殖、食品、花粉症、農地改革) | ● 造園(庭園の起源、歴史、日本三名園、中国三名園) | ● 都道府県(地名の由来、沖縄から北海道まで) | ● 金属鉱山(尾小屋、神岡、足尾、別子、生野、石見、佐渡、菱刈、土呂久)、神社仏閣(池上本門寺、吉田神社)、浄化(ヘビノネゴザ、ホンモンジゴケ、リョウブ、鉄バクテリア、藻類) | ● 風土(天然記念物、特別名勝、世界遺産、自然と人間との共生) | ウェブログ・ココログ関連 | スポーツ | 学問・資格 | 心と体 | 音楽

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ